【2022年版】動画配信サービス22社の比較表はこちら

Bリーグ放送を見る方法5選!無料視聴の地上波やネット配信も紹介

東京オリンピックで人気を集めていたこともあり、日本の男子プロリーグであるBリーグにも注目が集まっています。

ただ、地上波でBリーグはあまり放送されないため、どうすれば視聴できるのかを知りたい方も多いのではないでしょうか。

この記事では、無料の方法を含め、Bリーグを視聴する5つの方法をご紹介します。Bリーグに興味がある方は、ぜひ参考にしてください。

【2021-22】Bリーグをみる5つの方法

今回紹介するBリーグの視聴方法は、以下の5つです。

2022-23シーズンのBリーグは2022年9月30日に開幕し、2023年5月まで行われます

サービス名 料金 視聴できる試合
NHK 無料 B1公式試合の一部
ローカルテレビ局 無料 B1公式試合の一部
Hulu 月額1,925円(税込) B1公式戦72試合
バスケットLIVE 月額300円(税込)
月額508円(税込)
B1・B2公式戦全試合・WLEAGUE・日本代表戦・国内大会など
スカパー!「Bリーグセット」 月額基本料429円(税込) + チャンネル料2,526円(税込) B1公式戦全試合(生中継・録画放送を含む)

各サービスの詳細は、以下の通りです。

NHK|地上波・BS-1

NHKでは、NHK BS-1と地上波(ローカル)で、Bリーグの試合を放送しています。

ただし、放送頻度はそこまで多くありませんし、全試合の放送があるわけではありません。事前に、放送予定を確認しておきましょう。

地上波に関しては、全国放送ではなくローカルでの放送となっています。

各チーム本拠地のローカルテレビ局

Bリーグ各チーム本拠地のあるローカルテレビ局では、主催試合を放送する場合があります。

ただし、放送頻度はそこまで多くないので、Bリーグ公式HPで放送予定を確認してから視聴するのがおすすめです。

放送日程などはBリーグ公式HP内で告知されるので、そちらを確認してください。

Hulu

配信される試合 B1公式戦72試合
料金 月額1,026円(税込)
無料期間 2週間無料
見逃し配信 あり
視聴方法 ネット配信
視聴端末 スマホ・タブレット・PC・テレビなど
    おすすめポイント

  • 毎節注目カードを中心に72試合を配信
  • 見逃し配信あり

HuluのライブTV「B.LEAGUE」では、毎節の注目カードを中心に72試合のライブ配信を行っています。

見逃し配信も実施しているため、リアルタイムで視聴できない場合は後から楽しむことが可能です。

初めての方は「2週間のお試し体験」を利用できるため、無料で楽しめます。

バスケットLIVE

配信される試合 B1・B2公式戦全試合・WLEAGUE・日本代表戦・国内大会など
料金 月額300円(税込) 
月額508円(税込)
無料期間 ・7日間 ・最大6ヶ月
見逃し配信 あり
視聴方法 ネット配信
視聴端末 スマホ・タブレット・PC・テレビなど
    おすすめポイント

  • B1・B2の全試合、WLEAGUEや日本代表戦も配信
  • 見逃し配信あり

バスケットLIVEでは、B.LEAGUE B1・B2やWLEAGUE、日本代表戦まで国内のバスケットボールの様々な試合をライブ配信しています。

B.LEAGUEの全試合が視聴できるのはバスケットLIVEのみなので、バスケファンからも大変人気。見逃し配信も視聴できます。

バスケットLIVEは以下2つの方法から視聴でき、それぞれ料金や利用方法が異なります。

料金 無料期間
バスケットLIVE for Prime Video 月額300円(税込) 7日間
バスケットLIVE by SoftBank 月額508円(税込) 最大6ヶ月

「バスケットLIVE for Prime Video」は、Amazonプライム・ビデオで、プライム会員向けに提供されているバスケットボール専門チャンネルです。

月額300円でライブ配信と見逃し配信が視聴可能。7日間の無料期間があるので、まずはお得にスタートできます

ただし、視聴するにはまずAmazonプライム会員(月額500円(税込)、または年額4,900円(税込))の登録が必要です。

「バスケットLIVE by SoftBank」は、ソフトバンク・Ymobileの契約者、またはYahoo!プレミアム会員(月額508円(税込))の方は無料で視聴可能。中でも、Yahoo!プレミアムは最大6ヶ月の無料期間があるため、実質的には6ヶ月間無料で試せます。

自分の環境に合った方法から申し込みを行いましょう。

スカパー!「Bリーグセット」

放送される試合 B1公式戦全試合(生中継・録画放送を含む)
料金 月額基本料429円(税込) + チャンネル料2,526円(税込)
無料期間 加入月無料
見逃し配信 オンデマンドのみあり
視聴方法 BS/CS放送・ネット配信
視聴端末 テレビ・スマホ・タブレット・PCなど
    おすすめポイント

  • B1 の公式戦全試合を放送
  • テレビとネット配信の両方で視聴可能

スカパー!「Bリーグセット」は、B1の公式戦全試合を放送。基本的には生中継ですが、一部の試合は録画での放送となります。

テレビ視聴とネット配信のどちらでも視聴でき、スポーツをテレビの大画面で見たい方、ネット中心に楽しみたい方のどちらのニーズにも合わせることが可能です。

また、月額料金は2,955円(本料429円(税込)+チャンネル料2,526円)と少しお高めですが、Bリーグセットを構成する以下の6つのチャンネルを視聴できます。

J SPORTS 3 プロ野球中継や社会人野球・スーパーフォーミュラ・WRC・WEC・WTCR・スーパーバイク等モーター、Bリーグ、スキージャンプ、ドキュメンタリー
スカイA 阪神タイガースやゴルフトーナメントなどを中心にスポーツを放送
GAORA SPORTS 阪神タイガース、日本ハムのプロ野球・テニス・プロレス・格闘技・モータースポーツ・フィギュアスケート・ゴルフなど
スポーツライブ+ 福岡ソフトバンクホークス全主催試合・海外サッカー、国内サッカー・B.LEAGUE・格闘技・プロレス、エンターテイメント
スカチャン1 韓流ドラマ・K-POP、Kバラエティ・スポーツ
BSスカパー! スポーツ・音楽ライブ・オリジナルバラエティなど

Bリーグだけでなく、その他のスポーツやドラマやバラエティも楽しめるため、お得感のあるセットプランと言えるでしょう。

また、スカパー!は加入月の料金は無料になるため、お得にスタートできますよ。

プレシーズンマッチはネット配信の「バスケットLIVE」で一部放送

シーズン開幕前に行われるプレシーズンマッチですが、「バスケットLIVE」でのみ、一部ライブ配信されています。

公式戦ではないため全試合の配信ではありませんが、シーズン開幕前から試合を楽しめるのは嬉しいですよね。

バスケットLIVEは、B.LEAGUE B1・B2やWLEAGUE、日本代表戦まで国内のバスケットボールの様々な試合を楽しめるサービスです。

視聴方法は以下2つから選択できます。

料金 無料期間
バスケットLIVE for Prime Video 月額300円(税込) 7日間
バスケットLIVE by SoftBank 月額508円(税込) 最大6ヶ月

「バスケットLIVE for Prime Video」を視聴するには、Amazonプライム(月額500円(税込)、または年額4,900円(税込))の登録が必要です。

「バスケットLIVE by SoftBank」は、ソフトバンク・Ymobileの契約者、またはYahoo!プレミアム会員(月額508円(税込))の方は、追加料金一切なしで無料視聴できます。

そのため、現時点でAmazonプライム会員ではない方は、「バスケットLIVE by SoftBank」の方が料金は安くなります。Yahoo!プレミアムには6か月間の無料期間が用意されていますので、ソフトバンク・Ymobleを利用していない方はYahoo!プレミアムに申し込むと良いでしょう。

現時点での自分に合った視聴方法を選択し、お得にプレシーズンマッチを楽しんでください。

無料視聴で楽しむなら「地上波」「Hulu」「バスケットLIVE」がおすすめ

これまでBリーグを視聴する方法を紹介してきましたが、料金を一切かけずに無料でBリーグを楽しむなら、以下3つの方法がおすすめです。

地上波、またはBS放送 無料
Hulu 2週間無料
バスケットLIVE ソフトバンク・Ymobileの契約者・Yahoo!プレミアム会員は無料

放送予定がある時は地上波またはBS放送がおすすめ

地上波(ローカル)のNHKやNHK-BS1では、Bリーグの放送頻度がそこまで多くないですが、視聴環境さえ整っていれば無料で視聴できます

Bリーグ各チーム本拠地のあるローカルテレビ局では、主催試合の放送が行われることもありますので、Bリーグ公式HPで放送予定をチェックしておきましょう。

Huluの2週間お試し体験は完全無料

Huluでは初めての方は「2週間のお試し体験」が利用できます。期間中は完全に無料でBリーグを視聴でき、無料期間の最終日までに解約をすれば、料金は一切かかりません

HuluのライブTV「B.LEAGUE」では、毎節の注目カードを中心に72試合のライブ配信。その他にも、Huluで配信されている映画やドラマ、バラエティなども楽しめます。

期間は限定されてしまいますが、お得に楽しみたい方にHuluはおすすめです。

「バスケットLIVE」は無料視聴の対象者あり

ソフトバンク・Ymobileの契約者・Yahoo!プレミアム会員は、特典として「バスケットLIVE」を無料視聴できます。

「バスケットLIVE」を見るためだけにソフトバンクやYmobileに加入するのはおすすめできませんが、Yahoo!プレミアム(月額508円(税込)なら、最大6ヶ月の無料期間もありお得です。

B1・B2の全試合や、LEAGUE、日本代表戦など国内のバスケットボールのほとんどの試合を視聴できるので、コスパ的にも優れていると言えるでしょう。

「DAZN」「J SPORTSオンデマンド」は来シーズン以降の配信に期待

「DAZN」や「J SPORTSオンデマンド」では、現時点でBリーグの配信予定はありません。ですが、プロバスケットボール人気も徐々に高まってきており、来シーズン以降には試合が配信される可能性もあります。

情報が入りましたらこちらの記事でも紹介していきますが、気になる方は「DAZN」や「J SPORTSオンデマンド」も、定期的にチェックしておきましょう。

まとめ

Bリーグを視聴する方法は、以下の5つです。

サービス名 料金 視聴できる試合
NHK 無料 B1公式試合の一部
ローカルテレビ局 無料 B1公式試合の一部
Hulu 月額1,925円(税込) B1公式戦72試合
バスケットLIVE 月額300円(税込)
月額508円(税込)
B1・B2公式戦全試合・WLEAGUE・日本代表戦・国内大会など
スカパー!「Bリーグセット」 月額基本料429円(税込) + チャンネル料2,526円(税込) B1公式戦全試合(生中継・録画放送を含む)

地上波やBS、ローカルテレビ局の視聴は無料でお手軽ですが、放送頻度は低いため、見たい試合の放送があるかどうかを事前にチェックしておきましょう。

「Hulu」「バスケットLIVE」「Bリーグセット」では、各サービスともB1の全試合を視聴可能。中でも「バスケットLIVE」はB1・B2やWLEAGUE、日本代表戦まで楽しめます。

無料期間でお得に視聴できますので、自分の視聴環境に合う方法を選択してお気に入りのチームを応援してください。